大学生向けのカードローンは普通のキャッシングと何が違う?

基本的には、普通のカードローンと変わらない

たとえばカレッヂさんなど、大学生向け(専門学校生なども含む)をうたっている、いわゆる学生ローンというものはあります。ただ、基本的にはこれは普通のカードローンと変わりません。
若干金利が安いということもあったり、あるいは限度額が一般の大人向けのキャッシングより小さかったりということはありますが、基本的には貸金業法の中で運営されていて、しかもボランティアではない以上、大体似たような利率、審査条件になります。

 

大学生用ということで、申し込みの心理的抵抗がない

これはレディースローンや主婦キャッシングにも言えることですが、学生ローンの場合も「学生ウェルカム(歓迎)」という態勢に最初からなっているので、学生さんが申し込みする時の心理的抵抗がありません。
特に学生の方は、カードローンなどを使うのは初めてということが多いはずなので、ムダに緊張してしまったり、何か罪悪感のようなものを感じる、ということも多いと思います。
そういうストレスが一切なく申し込みできるという点で、学生ローンは大学生の方にメリットがあるといえます。

 

専用ATMがないのが欠点

大手のカードローン会社、たとえばプロミスやアコムなどのような貸金業者で借りる場合、あちこちに専用ATMがあります。これを使って借入や返済をすると、今の借入残高が1円単位でリアルにわかったり、あるいは前回の返済から今回の返済まで、利子がいくら発生していたか、ということもわかります。なので、返済のモチベーションがどんどん上がるし、実態も把握しやすいです。
しかし、これが小規模な学生ローンになるとありません。

 

大学時代に借りていた私の体験談

実は私自身もカレッヂという学生ローンで大学時代にキャッシングをしていたのですが、その経験からいうと、上に書いたように借入残高がわからないと、いまいち完済のイメージがつかめないのです。
残高をたまに電話で聞いたりしていました。それよりは、やはり大手のATMで自動的にわかるシステムの方がやりやすいな、ということは感じました。

 

審査で聞かれる項目については、学生への配慮がある

しかし、学生向けというコンセプトがはっきりしている以上、審査で聞かれる内容は、やはり学生独特のものがあり、この点をスムーズに進行してくれるという点では、学生ローンはよかったなという感じがします。要は結論をいうと申し込みがスムーズで、心理的抵抗もない、というのが一番のメリットでしょう。