当日中にお金を借りたい場合、いつ申し込みをすると間に合うか?

午前中に申し込めばほぼ確実に間に合う

当日中にお金を借りたいという場合、午前中に申し込みをしておけば、ほぼ確実にその日のうちに振り込んでもらえます。といっても、もちろん審査に通過しなくてはなりません。審査に落ちたり、あるいは審査の結果「何か別の書類も追加で提出してください」などと言われてタイムロスすると、間に合わないという場合もあります。

 

なぜ午前中なら大丈夫なのか?

まず、銀行口座に振り込んでもらうということは、銀行がオープンしていないといけません。つまり、15時より前に振り込むということです。ということは、カードローン会社の事務処理の時間も考えると、14時には審査が完了している必要があります。そして、キャッシングの審査は30分〜2時間かかります。なので、最悪2時間かかったとして、正午にはあなたが申し込みの連絡をする必要がある、ということになるのです。正午がデッドラインということは、実質「午前中に申し込みが必要」ということです。

 

もし、15時までに振り込んでもらえなかったらどうする?

この場合も、そのカードローン会社や貸金業者が提携銀行を持っていたら大丈夫です。たとえばプロミスは三井住友銀行と提携しています。なので、普段三井住友銀行を使っている方は、プロミスで申し込むといいでしょう。そうすれば15時を過ぎていても大丈夫、24時間振込してもらえます。また、プロミスはジャパンネット銀行とも提携しています。ジャパンネット銀行は三井住友銀行ほど利用者が多くはないと思いますが、使っている方にとってはありがたいでしょう。

 

アコムは楽天銀行と提携している

同じようにアコムは楽天銀行と提携しているので、楽天銀行の口座を持っている方は、ここで年中無休、24時間振込してもらえます。その他、イオン銀行のカードローンBIGや、三菱東京UFJ銀行のバンクイックなど、銀行がそのまま運営しているものでも同じです。このようなものであれば、15時を過ぎても大丈夫です(原則)。

 

カードを無人契約機で受け取る方法もある

もっというと、審査だけ電話やWEBで自宅で終わらせて、それぞれのカードローン会社のカードだけ、無人契約機で受け取るという方法があります。無人契約機はそこで申し込みするだけでなく、カードの発行にも使えるのです。カードさえあれば、コンビニのATMで借入ができるので、それを無人契約機が閉まる時間までに発行してもらえば、あとはコンビニが24時間営業しているので、その日のうちに借りることが可能です。